fc2ブログ

大地から見た風景

趣味のハンドメイド・ちょっぴり更年期・お出かけ先の情報。。。他愛の無い日常の中にある幸せ

Entries

実家の片付けその5

下段

実家の片付けで 一番手を着けたくない場所がありました。

こちらに戻る前日 午前中から始めた大きな飾り棚の整理も午後には終り 残るはアソコ。やらずに帰ってしまおうかと何度も思ったのですが エイヤと持ってきました。 タンスの右 下から2段目です。

何が入っているかはざっと わかっておりました。裁縫箱が見えていましたし。

ここは女性の領域です。

義父が たっくさんの工具類や釘のたぐいを溜め込んだ様に 義母の残したソーイング類が押し込まれておりまして 私自身も今 梱包の最中なのですが 義母のソレとは比べ物にならないぐらい大量です。

ハイ。。。。。ダンボール7箱ぐらい

私の持ち物に比べたら 小引き出し一つなど可愛い物かもしれません。

出で来るのは和布の類。

義母が作った 沢山の額受け布団

こういうのね
OIP_20231201225058138.jpg


おりん座布団 とか。 4倍ぐらいある針山布団とか。。。。

それでも 引き出しの中はまだ良かったのです。

お針箱の中の デカイ針山が大変でした。

DSCF0068.jpg

こんなに大きくて 4センチぐらい高さもある綿布団の中に 沢山の針が埋もれていたこと。

50本以上あったでしょうか。 短い針からフトン針まで。。。 昔の人はフトン針を持つのですよね。長くても潜るのです。こんな弁当箱サイズの針山??ならばね。


危ないったりゃありゃしない

DSCF0069.jpg


綿を切って出さないと完全に埋もれ混んでしまった針が取り出せないと言う。

小さな缶があれば簡単に保存できたのですが 仕方なく厚紙に巻いてチャック付きの小袋にまとめました。

 
残した針は これだけ
DSCF0070.jpg

イヤ・・・ こんなにも。私の自宅の針山は3本ほどしか乗ってませんが。。。。

何本あっても手に持つのは 常に1本ですから。。。。

中に入っていた数が数なので これぐらいはと残しました。


ま~あ 驚くやらビックリやらで終える頃 引き出しの奥の奥から出て来た物があります。


アンティークな宝石箱??
DSCF0101.jpg

そうとう汚れておりましたが 磨き上げました

かなり重くて ガラスかと思いきや 石でした。大理石?


欠けや傷みも見られるので 古く使い込んであるみたい
DSCF0102.jpg

義母の持ち物なのかは解りませんし 使っているのも飾っていた様子も記憶にありません。

私には お初にお目にかかります の品でした。


DSCF0096.jpg

それでもね とても女性的なの品なので きっと6年前に亡くなった義母の物なのでしょう。

お義父さんも 何もあんな所に押し込んでおかなくても (*>□<*)


でもね 最後の最後に彼の持ち主から〚ママ ご苦労様〛と言われた気がしました

ウン 頑張ったよ。。。片付け。。。


ディスプレイして 翌あさ部屋を後にしました
DSCF0108.jpg


にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村




左サイドMenu

プロフィール

マザーアースT

Author:マザーアースT
☆長女 星子さんは関東在住
☆次女 カイ(海)は宮城県在住
☆旦那さんは 遊魚族
☆アラフィフ マザーアースの私

転勤族のファミリーで九州にいます

最新記事

最新コメント 

コメントを希望される方は2019/1/25<こぎん刺しでBOXをリメイク>からどうぞ