FC2ブログ
2020_10
17
(Sat)07:35

枕カバーをまとめて作る

DSCN4568.jpg

とある日の深夜 寝室で読み終えた本を交換するためリビングに入ってみると 続きの部屋の主である旦那が 自分のベッドで横になって珍しく読書をしていた。

テレビオンリーの彼にはとても珍しいが 私には頭を乗せているモノが気になった。



上のクッションは 長女の星子さんから下がってきたもの。

大学院に通うため 通学に便利な部屋へ引っ越しをしたのは1年前で 徒歩5分の駅近の物件は狭く 断捨離の対象になり、数年前から おくれ~ おくれ~のラブコールでうるさかった父親にとうとう譲り渡した次第だ。


我が家の冬のラグマットと 偶然にもお揃いなのであーーる
DSCN4570.jpg

ちなみにこのラグは旦那の趣味で ホームセンターかどこかで彼が一目惚れして買った物。


あれほど長女にねだっていた割には ほとんど使っておらず 今までどこかの隅に転がっていた代物だったのに そう言えば最近旦那のベッド周りで見かけるようになっていた。


このクッションはカバー型ではなくて このまま丸洗いしなくてはならない。

最近 加齢臭なのかオヤジ臭なのか肉類の食べ過ぎなのか アメリカ人化している旦那なので 


クッションカバーを作った。
DSCN4571.jpg

お揃いの柄に意味があるのだと のたもうたが 二つと手に入らない品なのも理解しているのか あっさりと引き下がる。








私の枕カバーも作った
DSCN4564.jpg


これは以前に作った布と同じで

過去記事 枕カバー

1年ほど使ったが うるさいほどに奇抜な色柄でも 何ら影響は無く安眠できているので 

同じ物でもう一つ。
DSCN4567.jpg


春に回転性のめまいを起こすようになってから 耳石には枕を高くした方が予防ができると知り 今では高級ホテルにあるような二つ枕で高低差をつけて寝ている私。



やっぱりサイズ通りに作らなくてはダメね。
DSCN4566.jpg

少しばかりの端布を出したくなくて そのまま使ったがやっぱり 無駄に大きすぎた様だ。




旦那の 枕のカバーも作った
DSCN4572.jpg


先日のブログにも書いたが 寒くなってきて 室内干しの為か洗濯物の乾きが スッキリしない時がある。

衣類やタオルなどは 何枚も替えがあって のんびり乾くのを待っていればいいが、以前の宮城県では枕カバーなど 朝干せば夕方には必ず乾く物だったので ストックの必要が無かった。 


今ではロングファスナーも100均一で買えて オーターメイドも簡単に安価に作れる様になっている。ヤルキガアレバの話。

不眠傾向の旦那など こだわりの枕だったりで サイズも大きさも私のソレとは微妙に違う。



メジャーと電卓はちょっと面倒だけれど それでも久しぶりの大物作りは楽しい。

ミシンでガーっと直線縫いは ストレス発散になるのだ
DSCN4574.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 節約ハンドメイドへ
にほんブログ村