FC2ブログ
大地から見た風景
趣味のハンドメイド・ちょっぴり更年期・お出かけ先の情報。。。他愛の無い日常の中にある幸せ
認知症の父の日常
旅21

早期定年退職をした実父は 毎日午後になるとココに来てお風呂に入り 将棋をして過ごしています。

老人福祉センターですが 囲碁や将棋ビリヤードなど 60歳以上なら誰でも無料で利用できる施設で、35年以上も通う父は当然古参の部類になります。 


旅32

ここで将棋の腕を買われ 頼まれて 土曜日の児童館や 週1回小学校の5時限のクラブなどで教える ボランティアとして活動していました。

若い頃は なかなか腕のいい少年が 父を慕って地域をまたいで通ってくれるほど もの静かで冷静・温厚な父は 先生の風格がありました。

残念ですがこのたび この二か所でのボランティアを 年半ばで急な事でしたが お断りの申し出を 私が電話でしてきました。もちろん実父本人の了解も得てです。  




数年前から実父は 段持ちの腕もありながら この施設で自分は打たずに眺めているばかりになりました。

認知症が進んでルールを忘れてしまいがちになり、トラブルを起こしたのでしょう。

1年前ぐらいの最初の頃は 短気な言動が見られ始め 家では母にまで大声をあげたり手を振り上げたりする事もあったので ココに来ても小さないざこざを起こしたのかもしれません。 



旅13

今現在の父は 手を振り上げる事はなく むしろ静かです。今から思えばあの頃の方がまだ 元気があったのかもしれません。

忘れる事が多くて むしろぼーーっとした様子が多い様に感じます。

覇気が無いと言うか 目に力が感じられないと言うか 時に3歳児の様なキョトンとした表情は 言葉が少ないだけに 人間のカタチをした小動物の様に感じてしまいます。



介護認定を受ける事になりました。

免許の更新が出来なかった父には 車を運転することができません。

たくさんの事を忘れてしまいますが 今までの生活の繰り返し・パターンを好みます。

通所サービスを受けて 今までどおりに通う事ができたら 父にとって幸せだと思うのです。

見ていると ぽつねんと静かに座っているだけの父ですが 周りの方の暖かい眼差しに助けていただけたらと 願うばかりです。




認知症の実父の事は 以上です。

先月帰省した ほんの1週間ほどの滞在で いろいろなことがありました。

カテゴリーを新しく作りましたから また 何かありましたら記事にしたいと思います。 


旅22



にほんブログ村



テーマ:.+.(♥´ω`♥)゜+.゜ - ジャンル:日記
|高齢両親のこと | 2019/11/08 07:23| |


プロフィール

マザーアースT

Author:マザーアースT
☆長女 星子さんは社会人
☆次女 カイ(海)は大学生
☆旦那さんは 遊魚族
☆アラフィフ マザアースの私

転勤族のファミリーです



カレンダー

<< 12
2019
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



カテゴリ



最新コメント 

コメントを希望される方は2019/1/25<こぎん刺しでBOXをリメイク>からどうぞ





フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村