FC2ブログ
2020_02
05
(Wed)07:49

虫の知らせではなかった

つばき 004

先週日曜日の話。

フィットネスが終了した旦那さんが いつもの時刻に迎えに来るのを待っていたら 車が来た。

湯上りで湯ざめをせぬよう 施設の内側で待つ私は ドアを押し出で向かって行ったが こちら側の助手席に人が乗っていた。

(*゚Q゚*)・・・・・車をまちがったか アハ

乗っているのは高齢の男性風だった。

背丈からして義父に似ているなぁと思った。

それにしても旦那の車と良く似ている。。。。

ひょっとして会社の知り合いとでも出会い 乗せて帰って行くのだろうか 2時間行程

棒立ちで しばしその場で車を見つめる私。

運転席側の向こうのドアが開き 車高の上からイラッとした顔の旦那が揚がった。

Σ(ω |||)  絵文字


数歩近付くと どんな光のマジックなのか 誰も乗せていなかった。

つばき 005


恐縮して座席に乗り込みスマホを見ると 数分前に着信があった事に気づく。

それも めったにない岐阜の実家から。。。

87歳の高齢実父の顔がよぎる。

先ほどの錯覚もあり 嫌~~な予感。

なんなんだ今日は



つばき 016

三陸自動車を走行する中 迷いに迷って やはり電話することにした。

「ちょっと!! ○○ちゃん! 3万円もかかるんだって? コウ←(弟)が今調べに行ったわ」

(´Д`*)  えっ? ナニ そこ???

そんな事なら 秋から今までのその話は 無かった事に振り出しに戻る事になる。

言いだしっぺはそちらで アナタが一番せっついたんでしょうが

84歳の実母との会話は いつものことだが とんと要領が得ないまま切ったドッと疲れが・・・




つばき 003

実弟は夜中に帰って来ると言っていたが 本当に22時を回って電話をしてきたものだたから 寝入ったところを起こされた。

実母の話はやはり ちぐはぐで、しかし私の出した手紙も 数字に間近いやら予約時の手違いがあったらしい。

今回においては弟が一番しっかりしていた様だ。


認知が危うくなって いろいろと問題を起こしだした実父が 運転免許を返納し、春から新社会人予定の孫に車を譲る。

名古屋港から仙台港へ フェリーを使っての移送予定を計画していた 2か月前予約の件だった。

今年のわが家の新年度変わりは こうして大学を卒業する次女の件で 何かと慌ただしい。。。。。



ところで 実父の日常だったウオーキングも しなくなってしまったと聞いた。

今ではほとんど家に籠ってすごしているらしい。。。。。

ちょっと心配なこの頃
つばき 007



にほんブログ村




2019_11
22
(Fri)07:30

認知症の父の運転免許返納

落葉 017


先日 ひと月ぶりにわたくしの実家に電話をしました。

実父の免許証の件で またもひと悶着あったようです。



落葉 001



免許返納の予定でいたのに 免許証を紛失してしまいました。

実母が管理していたはずなのに、あれほど実父に運転をさせてはいけないと言い置いていたのに、失効日を間近にして 渡してしまったようで ある日気づいたらどこにもなかったと言うわけです。

車の中や家じゅうを 一日かけて しらみ潰しに実弟や母が探しても見つからず 夕方になりポツリと本人が行った言葉が

「運転免許センターに 免許証をくれと言いに行ったら そこのお巡りさんがでてきて アナタはもうここに免許証を置いて行きなさい と言われて取り上げられた」との事でした。

<(`^´)> また!! 勝手に出向いたのか~~い

実父は今年の10月の誕生日が来ると87歳になり 運転免許の更新年でもありました。

そのおり 1回目の臨時知能検査と2回目の高齢者講習の 二度にわたって受付でトラブルを起しており、最後は家族を伴い出向いて来るよう言われ 三度も遠方のセンターに出かけております。

過去記事  認知症の父の運転免許停止


実弟は 認知症の病院を受診した2か月前に 書類提出の関係で運転免許証のコピーを取っておりました。

なので 最寄の交番なのか警察所なのか忘れましたが 実父を連れて仔細を説明しましたところ

「そんな理由で状況で 免許証は取り上げませんよ」と言われ あちこちに電話を掛けまくってくださったとか。


そこで判明したのは 運転免許センターに四度めの来訪は無かった と言う事実でした。

電話のアチラでも言われたのは 三度はあったそうですが・・・・・

実父の 虚言妄想だったのか~い

これが認知症なんです。

嘘 というのとは違い 本人に嘘を言っているとか罪の意識はなくて 場当たり的な でまかせ?つ くろい言葉? が出てしまうんでしょうね。

コレを頻繁に繰り返されると「またか」となるのかもしれませんが、 我が家は父の認知症の進行が ここ数カ月の間の事で ド素人なんです。虚言においての免疫がありません。

んでもって  話の内容がまさにアリアリ だったものだから 信じてしまった様です。

私なら 警察に行く前に一度センターの方に自分から電話を入れるけどなぁ。。。。。。


まぁ 弟の取った行動は結果的にオーライでしたけど。

そのまま 紛失届け→ 再発行→ 免許返納 となりました。



よかったねぇ お父さん。。。。 念願の免許が更新されて。←免許が欲しくて仕方がなかった。自身の病気の自覚が無いため 更新の許可が得られないのが理解できなかった。

よかったねぇ みんな。。。。。 やっと念願の返納が叶って←何が何でも取り上げて欲しかった。


落葉 012



にほんブログ村






2019_11
08
(Fri)07:23

認知症の父の日常

旅21

早期定年退職をした実父は 毎日午後になるとココに来てお風呂に入り 将棋をして過ごしています。

老人福祉センターですが 囲碁や将棋ビリヤードなど 60歳以上なら誰でも無料で利用できる施設で、35年以上も通う父は当然古参の部類になります。 


旅32

ここで将棋の腕を買われ 頼まれて 土曜日の児童館や 週1回小学校の5時限のクラブなどで教える ボランティアとして活動していました。

若い頃は なかなか腕のいい少年が 父を慕って地域をまたいで通ってくれるほど もの静かで冷静・温厚な父は 先生の風格がありました。

残念ですがこのたび この二か所でのボランティアを 年半ばで急な事でしたが お断りの申し出を 私が電話でしてきました。もちろん実父本人の了解も得てです。  




数年前から実父は 段持ちの腕もありながら この施設で自分は打たずに眺めているばかりになりました。

認知症が進んでルールを忘れてしまいがちになり、トラブルを起こしたのでしょう。

1年前ぐらいの最初の頃は 短気な言動が見られ始め 家では母にまで大声をあげたり手を振り上げたりする事もあったので ココに来ても小さないざこざを起こしたのかもしれません。 



旅13

今現在の父は 手を振り上げる事はなく むしろ静かです。今から思えばあの頃の方がまだ 元気があったのかもしれません。

忘れる事が多くて むしろぼーーっとした様子が多い様に感じます。

覇気が無いと言うか 目に力が感じられないと言うか 時に3歳児の様なキョトンとした表情は 言葉が少ないだけに 人間のカタチをした小動物の様に感じてしまいます。



介護認定を受ける事になりました。

免許の更新が出来なかった父には 車を運転することができません。

たくさんの事を忘れてしまいますが 今までの生活の繰り返し・パターンを好みます。

通所サービスを受けて 今までどおりに通う事ができたら 父にとって幸せだと思うのです。

見ていると ぽつねんと静かに座っているだけの父ですが 周りの方の暖かい眼差しに助けていただけたらと 願うばかりです。




認知症の実父の事は 以上です。

先月帰省した ほんの1週間ほどの滞在で いろいろなことがありました。

カテゴリーを新しく作りましたから また 何かありましたら記事にしたいと思います。 


旅22



にほんブログ村


2019_11
04
(Mon)07:14

認知症父の薬の管理

五葉温泉 005

たくさんの書類の整理をし、必要ない契約を解約し、通帳その他の管理を 息子であり私からみれば実弟に移行を促した 今回の帰省でした。

中でも私が一番力を入れたのが 薬の管理です。

それはもう 半年分以上の薬が服用されずに 袋いっぱいに溜まっていました。

そして2月以降は 通院すら止めていたのです。

実父が飲まねばならないのは 昔から服用している泌尿器と血圧の薬です。そして先月から認知症の外来でもらっている 進行を遅らせると言う黄色い1錠でした。


「言うても 飲まんのやもん」

母も積極的に服用させることはせず、弟も せめて認知症の薬だけは と母に言いおいて 朝夜の1錠だけをなんとか服用させていたようです。(レミニール)


これを改善しました。

100均一で 透明な小袋とキティちゃんの小袋を用意し 1回ずつ夜と朝の箱に分別しました。

朝夜のたびに お盆の中に小袋を置いておくのですが 食事はしても袋を開こうとはしないのです。


そこで もう一歩進める事にしました。

袋から シロップ用の小瓶に 数種類の錠剤やカプセルをむき出した状態で 出すことにしたのです。

口の中に ほうりこむだけ あとは水で飲み込むだけです。

これは 母と言う管理できる介助人がいるからこそ できることでした。

実母自身も 同時分封された何種類の薬を毎日飲みますが、幸いにも頭はしっかりしていて 正しく服用できる人です。

認知症の人って プチッと押し出す行為を疎ましく思うのかなぁ

自宅の入浴を嫌がる様にもなりました。そのくせ 地域のセンターでのお風呂は入るのです。



母が準備した薬をきちんと飲むようになって 尿のキレとか出方が良くなったのでしょうね。

体も軽くなったのではないかしら。 私がいた数日で 少し目に元気が戻った様に思います。

体に尿毒を溜めて なんとなく不快でいたのか ぼーっとしている事が多かったのかもしれません。

けれど もの忘れは相変わらずですが。。。。。


今ある薬を全て飲みきったのち また かかりつけの病院に通院を再開して 定期の血液検査もしてほしいものです。

これも 実弟がキチンと目を配って 年老いた母と一緒に 毎日を正しく継続してゆかねばならない時期に来たのだと 思います。

五葉温泉 010


 
にほんブログ村




 
2019_11
01
(Fri)07:08

認知症父に変わり様々な解約に走る

043_20191026170859a82.jpg

岐阜に住む87歳の実父は 捨ててしまう 失くす 以外にも判断能力の低下 がちょっと困ったことになっております。近所のガソリンの給油は ずっと前からクレジットカード式でした。

実父は自分のカードを失くしてしまった様で 弟のカードを持ちだして給油していたのですが とある月の引き落としが高額な事に家族は気づいたのです。

本人は全く覚えが無い様でしたが 近辺を探すと見つかったのは 車の点検明細表及び領収書。

認知の危うい高齢者をカモにされたのでしょう。

ガソリンスタンドで 気軽に持ち掛けられて 内容もわからず父は承諾したのだと思います。

6月に6万円、8月に10万以上もの 必要もない部品の交換をして カードで支払っておりました。

行きつけのディーラーで行う 2年ごとの車検でもない、 近所の給油スタンドでの点検整備ごときにです。

ちなみに 今現在私がこの海町で乗っている軽車も同じ年式ですが 先日車検が来まして 58400円でした。



026_20191026170858025.jpg

実父の名義の通帳を今回じっくり見てみると よくわからない名前の物が 毎月1万ちょっとの額で引き落とされております。

アメリカン○○○ダイレクト。

弟は 自動車保険だろうと言います。・・・が10年以上の軽車に年間12万もの車両保険の訳がない!

生命保険だと思うのですが どこを探しても証書がないのです。

後日弟が 今まで手を付けなかった 2階の開かずの桐の和ダンスから ごっそりと数々の書類の束の中から見つけ出しました。

それも 満期の切れた古い証書だったのですが、社名が一致したのです。

10年満期だったようで 以前は月額2800円で10年、 昨年満期でそのまま継続して 額は3倍以上でスタートしたようです。

実父や母は ガン保険だと思って支払っていたようですが、なんと葬儀保険でした

弟と二人で即 解約の手続きを取りました


052_20191026170857ade.jpg

携帯電話の毎月の引き落としが 7千円以上でした。

ネット繋がりはできない 掛けるだけのガラケーで しかもほとんど使わず充電すらしていないので  ほぼ電源が落ちている携帯にです。

ここで 長女の星子さんがヒラメイタのが いっかな見つからない電気代料金です。

一緒になっている 

大手携帯電話会社って 家庭電気も扱っているの マサカ~


土曜日の午後でしたが 弟と長女の星子さんが実父を連れて 3人で携帯の解約に走りました。店舗へGO

・・・・・・・ 台風19号が向かってきておりますからね。新幹線も全線運休にしたほどです。店舗も臨時休業だった様で 戻ってきましたとさ

明けて翌日 私達が高山へ1泊旅行に出た後、弟と実父で再び店舗に出向いたそうです。ナカナカ今回は行動的ね

・・・・・・ またかいな 男二人。何を言ってどう対応したのか解からないんですけれど、機種も持参で身分証も持っていたのだと思うのですが、電話番号を失念して申告できなかったために 怪しい人に見られたようで 追い返されたと。オイオイ


程よい旅の疲れを抱えて 戻ってきた所に以上の事を聞かされ、電話で仔細が解かると言われ、昨日戻ってきてからフリーダイヤルに何度も掛けたが一向につながらなかったと 弟は言います。

どれどれと 試しに挑戦したら一発で繋がり(昨日1日止められた?) 電気料金はコチラの携帯電話会社から一緒に引き落としになっていたと判明しました。 そして携帯解約は やはり店舗で行うとのこと

失くしたクレカの解約もしたそうです。

元気だった頃のまま 任せっぱなしで放置していて霧がかかったような分野が 見通しが良くなってきました。

頑張れよ~~弟君 休日も開いているコレは君の領分だ。 


045_20191026170859702.jpg



にほんブログ村